外注して実施する場合のメリット

研修の準備の時間やコストの節約に繋がる

社員研修の外注を行う場合には、自社内での研修の準備に掛かる時間やコストの節約の効果が期待できることから、今や多くの民間企業の間で外注化が進んでいます。特に、企業向けの研修を専門としている会社の取り組みについては、今やビジネスに関する様々なメディアで紹介されることがあり、中でもビジネスマナーや電話応対、パソコン操作など様々な事柄を短期間でマスターできる研修へのニーズが高まっています。そうした中、効果的に社員研修の外注をするにあたっては、法人向けのサポートが充実している研修会社の取り組みや、おおよその研修費用の相場についていち早く調べることが大切です。また、研修までに余裕があれば、実際に研修を外注化した企業の事例にも目を向けることがおすすめです。

普段の職場とは違った環境で学習に取り組める

社員研修の際に外部から各分野の専門の講師に研修を任せることで、一人ひとりの社員が普段の職場とは違った環境で学習に取り組みやすくなるといったメリットがあります。また、座学だけでなくロールプレイングやディスカッション、プレゼンテーションなど様々な種類の研修の手法を取り入れることによって、社員の積極性を引き出したり、コミュニケーションスキルを高めたりすることも可能です。大手企業の中には、個々の社員のキャリアアップやモチベーションアップを目的として、新卒者や中途採用者だけでなく中間管理職や経営陣を対象とした外部講師による社員研修を導入しているところが多くあり、日々の業務に直接役立つ研修の需要が高まっています。