企業自身で実施する場合のメリット

自社のノウハウを伝達できる

企業にはそれぞれ培ったスキルや考え方、ノウハウがあり、それを効率的に伝えられることは社内研修の最大のメリットでしょう。特に仕事の進め方については、企業独特の考え方が根付いていることも多く、そこに社外研修を加えると新人は頭を悩ませる事態になりかねません。社外研修を委託して、研修終了後に認識をすり合わせるという方法もありますが、一手間かかることは否めないでしょう。なるべく手間を少なくして新人研修を進めるには、社内教育が一番適しているのです。また、社内研修を実施していくことで、社内研修自体のノウハウも自然に高まっていきます。上手な教え方、伝え方が担当者に伝わるごとに、その担当者のスキルも向上する可能性があるのです。

講師役のスキルアップに繋がる

講師に選ばれた社員が一皮むける可能性もあります。単にノウハウを伝えるとはいっても、実際に行う業務内容は様々です。わかりやすいようカリキュラムを設定し、専門的な技術を噛み砕いて説明できるようもう一度勉強し直したりと、大抵はなんの準備もなく進められるものではありません。そのため、将来が期待されている社員に講師役を依頼することで、さらに貴重な人材として育つ可能性があるのです。特にコミュニケーション能力に関しては、講師役を通じることで非常に大きな効果が期待できます。今後部下を持った時、部下に対するコミュニケーション能力を鍛える機会はなかなかありません。社内研修はその希少な機会でもあるため、人材育成という観点からも優れた方法なのです。