効率的かつ効果的に外注して実施する方法

分野が違う研修を受けてみる

社員研修といえば、自社が提供している事業に関連するサービスから委託先を探さなくてはならない、と思い込みがちです。もちろん、スキル向上を図るのであれば間違った選択肢ではありませんが、時には分野の違う研修を受けてみることで社員が大きく成長することもあります。特に、中堅社員が得られるものは大きいでしょう。新入社員の場合はまだそこまで気が回らないかもしれませんが、中堅社員の場合畑違いの分野から新しいアイデアを得るかもしれません。また、単純にコミュニケーション能力が磨かれたり、セルフコントロール術が身につくかもしれません。同じ業界に籠もっていたのでは見えてこないものを得られる可能性があるからこそ、実施する理由になるのです。

研修先の特徴を掴んでおく

研修の委託先に関しても、どんな内容の研修を行っているのか予め把握しておく必要があります。多くの研修委託業者はビジネススキルに関した研修を得意としていますが、実績やカリキュラムはそれぞれ異なります。なんとなく良さそうな研修を委託するのではなく、バックボーンなども把握して提携することが大切です。また、誰をどう育てるのか、についても深く考える必要があります。新入社員に対する研修はもちろん、中堅社員の場合、リーダーを育成できるか否かは企業の今後を左右する問題です。優れたリーダーがいる企業は自然と人材が集まり育つため、優れた事業展開が期待できます。どんなコンテンツを提供しているのか、中身までしっかりと見ておきましょう。